読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に適当に。

生きててよかった、そんな夜を探してる。

秋田商業出身、ロッテに入団した成田翔投手の誕生日

ヲタ語り 野球

野球には一切興味が無かった私。野球漫画やアニメは見るけど、野球に興味は無い。長崎の佐世保出身で、城島選手の実家が近所にあったので城島の存在くらいは知ってたけど、「ふーん、そうなんだ」くらいの熱量でした。福岡に越してきて、周りのあまりのホークス愛に驚く毎日。この夏は野球好きな友達に連れられて初めてドームまで野球を見に行きました。みんな家族連れ、おじいちゃんおばあちゃん連れで来てたりして、野球が家族のコミュニケーションのツールのひとつなんだな、と目から鱗が落ちました。私の家は両親とも野球に興味が無いので、リビングで野球を見ながらあーだこーだ言ったことがないし、考えてみればプロ野球見たこと全くない!という事実に気付きました。見に行ったところでホークスの選手は内川選手くらいしか知らない(CMで見てるから)レベルで、「内川以外さっぱり分からん」と呟いたら、隣に座ってる少年に「信じられないまじかよ」という顔をされました。野球に限らずスポーツ全般に疎いです。

見に行った試合は、結構な点差が付いてて、「こりゃ負けたな」と帰って行くお客さんが沢山いたのですが、まあ初めてだし最後までいよう、ということになり最後までいたんです。9回裏、柳田の3Rホームランもあって5点入って逆転勝利。滅茶苦茶面白い試合でした。

それほど野球に興味が無い私ですが、毎年甲子園だけは見るようにしてます。「おおきく振りかぶって」の影響もあって、高校球児を見るのは好きなんです。とくに推しなどは無いので、九州の学校を応援して、まあ大体初戦か2回戦で九州全滅していくことが多いので、その後は見たり、見なかったり、くらいの熱量です。

 

そんななか。今年は私の人生を少し変えるくらいの出来事が。

秋田商業の成田翔選手との出会いでした。


特集 東北のドクターK 秋田商 イケメンエース 成田翔

2回戦から出場だった秋商。対戦が佐賀の龍谷だったので佐賀の応援をしてたんです。そして3回戦では個人的に高崎の野球が好きなので、高崎を応援してたんです。そのどちらも秋田商業に負けた。公立校頑張ってほしい、とどうしても思ってしまうので、そこですごくこの秋田商業が気になってきてしまって。熱闘甲子園の特集見たら、なんという綺麗なお顔・・・!小柄な体型だけど、それを感じさせない力ある投球、そして溢れる負けん気。4回戦育英との試合には残念ながら負けてしまうのですが、ライトに移ってからの気合いのバックホーム、そして負けた瞬間にベンチで見せた涙。そこでもうベタ惚れしてしまって。なんて魅力的な男の子なんだろう、彼の姿をもっと見せてほしい、見たい!!!と思うようになったのです。

そしたら、U18侍JAPANに召集されたのです!!!これが本当に嬉しかったですね。彼が投げるところをまた見ることができる、しかも相手は世界!!通用するのか、そこで彼は何を思うのか。胸が高まりました。

9月から世界大会開始だったので、仕事終わってから資格の勉強をして、帰って録画してた試合を夜中まで見る、という生活が連日続きました。成田君の出番はたしかメキシコ戦とキューバ戦でしたね。でもそれ以外の試合も全てちゃんと見ました。甲子園で活躍した子たち、残念ながら甲子園には出れなかったけど実力のある子たちが全国から集められて、キャプテン篠原くんを中心にすごくチームがまとまってて、かつひたすら彼らが楽しそうなのが印象的な世界大会でした。監督やコーチのおかげもあると思うし、彼らみんながお互いを尊重し、認め合い、でも負けないという思いを持ってるように感じられて、すごく良い関係だなあ、って思ったんです。こんなことが無いと一緒に野球できないから、沢山のことを吸収しよう、としている姿も多くあって、それが何とも微笑ましく、友情って素晴らしいなあ、などと思ったりもしました。ひとりが好プレーをしたら皆で喜ぶ、誰かがミスしたらみんなで取り返す。私は団体競技には向いていない人間だけど(バレーボール経験有りなんです・・・。)、チームプレーの素晴らしさ、というのを痛いほど実感して、なんて素敵なんだ、ずっと見ていたい、この大会だけのチームなんて悲しい、と思ったほどです。

試合は残念ながら決勝のアメリカ戦で負けてしまいました。喜ぶアメリカ選手と、うなだれてる彼らというあまりに対称的な姿と、投手上野くんの泣く姿で涙腺が崩壊してしまって、試合終わってもしばらく涙が止まらず。スポーツを見てこんなに泣いたのも、こんなに悔しいのも初めてで、でも大会通してこんなに楽しく嬉しい思いをしたのも初めてだな、と気付いて、人生が変わりました。野球なんて全く興味無かったのに、今野球に興味が出過ぎて、見たくて見たくてしょうがなりません(笑)まさかこの私がこんなに野球に熱中する日が来るとは思ってもみなかった。ここまで熱くなれたのは成田君と、U18の選手たちのおかげです。ありがとう。

 

和歌山国体は見に行こうと思えば行けるなあ、どうしようかなあ、と考えて結局断念。成田君は実業団に行く、と言ってたので、TDKに入社したとしたら秋田県ですからなかなか見に行くことはできないなあ、と思っていたとき。ドラフト申請を出す、というニュースが流れました。世界大会で自分の投球が通用した、というのが大きな自信につながったのだと思います。また他の学校の選手とドラフトについて話をして、挑戦してみよう、という気持ちになったのかもしれないですね。

嬉しい反面、高卒でプロ入りってすごく、なんかこう、賭けだな、と感じたんです。大学に行って4年間鍛えて、4年後にプロ入りしたい、という上野君みたいな子も勿論居るし、それもひとつの選択だと思う。でも4年後に指名されるかも分からないし、怪我も起こりうるかもしれないし、ちゃんとした指導者の元じゃないと身体を壊してしまうかもしれない。でもそれはプロに行っても同じ。いつ怪我するか病気になるかなんてわからない。けどもしそうなってしまったら大学に出ていない、社会人経験もない子たちはその後どう社会の中を歩んでいくのか。保険として大学を出るのもひとつの手段じゃないか。でも保険なんてかけてたらプロでやっていけるわけなんかない、とかもうこれらの考えが頭の中を巡って巡って、私は親でもないのに悩む日々を過ごしました(笑)何の関係もない私ができることはもう、応援 しか無いんですよね。彼が大学に行こうとプロに行こうと、実業団に入ろうと、応援することには変わりはないのです。と考えることをやめることにしました。

 

運命のドラフトの日は朝からそわそわ・・・。仕事からの帰りの電車で、Twitterで実況してくださってる方のツイートをずっと見てました。「ロッテ3位指名、成田翔」という文字が流れてきた瞬間は電車の中で泣きそうでした。何位でも指名してさえくれればどこでも良い!!!と個人的に思ってたので、呼ばれたことが嬉しかったし、まさかの3位指名、というのも嬉しかったです。そして育英の平沢君も同じチームになることに。同じ東北、そして一緒に世界と戦ったチームメイトがすぐそばにいる、というのはすごく心強いと思ったし、また良いライバル関係にもなれるなあ、と思って親でもないのに安心したりなんかして(笑)私の成田君へ向けるものはアイドル的なものではなく、親心に近いと思います。

プロに入ってくれれば、実業団よりは露出が多いので、福岡にいる私でもネットなどで情報を得ることも写真を見ることもできて、こういった面も嬉しいところです。ロッテはWeb担当さんが頻繁に更新してくださるので、YouTubeで投球風景を見ることもできるし、Twitterでも沢山写真が流れてきて、キャンプインしたのもあってここ数日は毎日彼らの様子を見ることができます。原君、平沢君、成田君の3人を高卒イケメントリオとして売っていこう!!!という気がすっっごいあるところも好きです(笑)ファンを獲得するためにあらゆる手段に出ることは球団にとってやるべきことだと思うし、そのおかげでこっちは恩恵も受けれるし、ファンが増えることによって彼らのモチベーションも上がるでしょう。


新人3選手ポスター撮影舞台裏【広報カメラ】

まさかモデルになるとまでは思ってなかったけど(笑)スーツ姿の可愛い3人を見れて眼福でした。キャンプの様子を見てて、先輩たちからも可愛がられてるようで安心しました。ロッテは良い先輩が多いな~とTwitterなどを見てて思います。和気藹々としてる雰囲気が写真から感じられて、良いチームに入れて良かったなあ、とこれまた親心です(笑)

平沢君は1軍スタート。成田くんは2軍スタート。この差が、また彼の負けん気を熱くさせることでしょう。早く皆が試合で投げてる日が見たいな、と期待する毎日です。いつか来るであろうU18のチームメイトとの対戦も楽しみだし、皆で侍JAPANにまた召集される日が来るのも楽しみです。それまでに、私はプロ野球について知らなすぎるのでお勉強をしなくてはなりません!そんな勉強は楽しいものです。

本日2月3日は成田翔くんの誕生日。

18歳。まだまだこれからの成田君の成長を応援しながら見守っていきたいと思います。

誕生日おめでとう!! ヤフオクドームに来る日を楽しみに待っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村